先日、仕事しながらラジオを聴いていたら、佐賀に45歳以上の劇団が出来るということで注目を集めている、という事をDJがしゃべっていた。
 その後、ピラティスのI先生と佐賀スタジオオープンの打合せをしていたら、斜め前の唐人茶屋は、劇団の人達が集まるみたいで…という話が出て来て、んん?と再び劇団の話が出て来た。

 その劇団の主宰の栗原氏は、esagaの立ち上げ時にコラムニストさんとしてお世話になった方で、最近ご無沙汰していたので、これは…ここらでもう一度きちんとお会いしろ、という事では…という事で、アロマテラピストMさんにK氏は今どちらで…という電話をしたら、「あぁ〜だいたい唐人茶屋に」と、ここでI先生の話とつながった。

ということで、先日久しぶりに栗原氏にお会いしてきた。全くお変わりなくお元気そうであった。
14日に45歳以上の団員(オーディションで合格した57名)で発足式があるのだそうだ。第1回公演は、来年の文化会館20周年の舞台。すべてが今から新しくスタート瞬間。これから、末永く佐賀をベースに活動を続けて欲しいと思う。
そのためには、やはり地元に住む私達自身ももっと芸術に興味を持つ、分かち合う感性を一緒に磨いて行かなければ、いけないのではないかと思う。

芸術は、人にイマジネーションを与え、心を柔軟にしてくれるエッセンスだ。
芸術に触れることで、人のスピリットは輝き成長するものだと思う。
その人が書いた絵や、音楽や、演劇であれば舞台の存在感や声、すべてが、波動バイブレーションでダイレクトに見る側に振動し影響する。

あらゆる地方のサイトも増えた今、うちはうちで、初心の戻ってウェブ運営をして行こうと考えていた年頭に、まさに初期の頃お世話になった方の新しい活動を知り、紹介できることは嬉しい事だ。

ともかく、14日の発足式は、私もお邪魔してその内容を後日ご紹介する予定デス。お楽しみに!

from maru

SAGAパーフェクトシアター(仮)詳細

http://esaga.jp