クリックビー活動開始当初からホームページを置いていた
サーバーが先週末にいきなりダウン。
サポートあてにメールを送るも音信不通。
えええ〜!うちの会社がなくなったみたいで困ります〜!
と一人パソコンに叫んでも、もちろん返答はない。

移行手続きすべ、と思いT社にお願いしたところ、
配達記録で郵便で連絡するしかなかろうとのこと。
なんとアナログな…!
しかし、昨今のウェブ上でのやりとりって、電話番号明記なく
メールのみって多いですよね。
そこで、郵便局へ走り、郵送。
いったい、その郵便物を会社の人間が私書箱開けてみるかが
問題でしょ…と思いつつ不安なまま事務所へ戻る。

そしたら、メールの返信がなんとやっっときていた。
そこに電話番号があったので、電話してみるも、当然のごとく話し中。
移行手続きの旨をメールでも送り、やっとちょっとホッ。
しかし返答はなし。(そりゃメールの山よね…)

しかし、デジタルの世界のトラブルを解決のための最終手段は、アナログ。
最後は、人の力、なんでしょうか。
デジタルは便利で人の顔が見えずに取引も安易に出来る。
けれど、その分、人と人のつながりが希薄なんだと実感した。

普通なら、各社、契約者各人になんらかの手段で連絡して当たり前のこと。
ドメイン名ではなく、●社の●●さんと担当者の顔が浮かぶからだ。
あそこの業務に支障があっては大変!という気持ちがあったら、ほったらかしなんて出来まい。
すべてがそうではないとは思うけれど、便利さの裏の落とし穴ですね。

連絡つかなかったら、一度会社の所在地まで行くしかないかな…と
思っておりました。

とりあえず、連絡くれて、サポートの人ありがとう。
たぶん、サポートの人のせいでそうなったわけじゃないと思うけれど
対応がんばってくれ〜。(最後までちゃんとやってね〜)
と思わずにはいられない、私であります。

そんな事で、1日バタバタしてしまった。
この時間のロスも大きいのよぉ〜!
その分、がんばるよ…。明日…(涙)

それにしても、風が強い日ですね。
春一番なの??

from maru


http://esaga.jp