ここ数週間、頭を痛めていた
clickbeat.netのサーバーについて
やっとやっと…サポートの方から返信がありました…。。・゚・(ノД`)

やっと、久しぶりにメールが受信できました…。
感動の一瞬…。エラーが出ない!
この当たり前な事がなんと嬉しいことか。

一体、どれだけのクレームメールをやり取りしてるんだろう…と思いながら、最後まで投げないできちんと対応してほしいと切に思います。
その姿勢が、次の信頼を生んで行くし、人の怒りも納めていくのだから…。

自分自身にも、よい教訓となりました。
何か大きな問題にぶつかった時、けっして目をそらさずに問題から逃げないで進むこと。

そのために必要なことは「グラウディング」です。
今、自分が最優先してすべきことは?
という事をエゴや周りに振り回されることなく動揺せず
自分自身がきちんと見極められる事。

それが、時にどうしようもなく苦しいと感じても、楽しいと感じても同じように、ただやるべきことをやる。
その先に、きっと何か自分が得るものがあるから。

私が好きなレイキにある言葉はまさにそのことをシンプルに言い当てています。

今日だけは 怒るな 心配すな
感謝して 業を励め 人に親切に

みなさんは、出来ていますか?

日常は、常にシンプルです。
複雑にしているのは、自分の「思考」です。
本当に存在する時間とは常に「今」しかありません。
過去から来た今。
未来を造っていく今。
どこへ行くかは、自分が決めるのです。

サーバーの話でした…。
怒りは、対応次第で変わるものだと…逆に感謝に変わったりするのだ…と言う話です。それがサービス業に携わるものの使命なんです。
最初にうけたビジネス研修で一番印象に残っている講師の言葉です。

サービス業とは「無償の愛」です。

そこまでぇ〜?とまだ20歳そこそこだった私は思いました。
けれど、今はわかります。そのくらいの責任感がないと本当のサービスは出来ません。欲で動いてはサービスではないですからネ。
相手のその先を思いやる心です。

クレームをくれるお客様こそありがとうございます、と思え、とよく言われました。

だからと言って
サーバーの件でクレーマーに私がなったわけでは断じてありませんよ〜。
信用してサポートからの対応を待っていただけです。(。・ω・)ノ゙


from maru

http://www.esaga.jp