さて、私がレイキヒーリングを始めた理由の1つ。
それは、もの言わぬペットともっとコミュニケーションが取りたいと言う事でした。
13年間かわいがってきた、手のりセキセイのぷーが亡くなるまでの約1か月。
毎日レイキヒーリングを通して、私はぷーとコミュニケーションをとりました。

今も、私の手の平の中で、目を閉じて動かないでじーっとレイキエネルギーを受けているぷーの姿は忘れられません。
時折、目をあけ、じーっと私を見つめるプーの深い瞳。
「なにが言いたいの?」ココロの中で聴くと、彼は眼を閉じました。

私の言葉がわかっているかのように。
でも、私には大切なプーの言いたい事がわからない…。
もっと、気持をわかってあげられたら…。
そうずっと思っていました。

レイキのエネルギーが入らなくなったプーの死の3日前。
プーは、いつも2時間じっと動かないで手のひらにうずくまっているのに、その日は3分も経たないうちに動き出しました。
死期が来た、と私は感じました。もうレイキが入らない。
あの悲しみの瞬間は忘れられません。プーもまた一緒にそれを悟ったのです。
それがわかったのが、また心が痛くて…。

3日後、明け方の夢の中で私はプーにレイキをしていました。
目が醒めた時、とっさに死んだかもしれない!と思い鳥籠へ走りました。
籠の中には、プーが止まり木から落ち眠るようなきれいな姿で亡くなっていました。
お別れを言いに来たんだね…。
私は、プーをかごから出して掌の上でなでてあげました。

あの時から、ずっともっとペットの気持ちをわかってあげたいと思っていました。
そして、レイキやクリスタルヒーリングを受けて今日まで来ました。
今なら、ペットとコミュニケーションがとれるのではないか…そう思いアニマルコミュニケーターの勉強をやろうと思い立ちました。

何ゆえ仕事があるので、なかなか土日休めることがないのですが…通信講座をやってくださるところを見つけました!
そこでメールでの講座を受ける事に致しました。
1か月後が今から楽しみでもあります。
また、経過もアップして行きますので、お楽しみに〜!

メール形式の練習講座
毎週課題をこなし約1ヶ月間でアニマルコミュニケーションの練習方法を習得
4月5日より開講予定。
ご興味のある方、一緒にいかがですか??

アニマルコミュニケーション Chez chat blanch

from maru

http://esaga.jp