今日は朝から雨です。
昔は雨がキライだったんですが、数年前に畑を作ろう!という話が盛り上がり友人など数人で野菜作りを1年やってみました。
その時、雨がキライでもスキでもない、ありのまま必要だから降る恵みと知りました。
畑仕事で、気付いた事は、自然のサイクルの不思議さと完璧さでした。
そろそろ、土が乾くから、お水あげなきゃなぁ…と思っていると、雨が降る。もっと太陽が必要だなぁと思うと晴れが続く。
どちらもなければ、植物は育たないのだと、そのサイクルに触れて初めて本当の意味でわかった気がします。

ただ、天気としてみていたときは、雨だ、カサが必要だ、晴れだから日傘だ、という安直な発想しか出来なかったのが、自然の中の雨、太陽と見る視点を変えたときに、雨で畑が潤っているんだなぁ…と思うと、私はぬれても平気だから、もっと雨、降っていいよ!と思うようになったんです。気分が沈みがちだったのも、雨に潤う野菜を思うとなくなりました。逆に雨にぬれた畑を見ると嬉しくなったり。

世の中に、不必要なものは存在しないのだと思います。
理由があって、全てが存在する。

それは、人にとってもそうなんだと思います。
必要なことだから、経験すべきことだから、いろんな事が起きる。
それは、人も自然の一部だから、なんでしょうね。
そう思うとそれぞれにとって無駄な出来事も無駄な時間もないんですよネ。

温暖化が進むと九州は豪雨が続いたり風速70m級の台風が上陸すると言われています。これも私達の社会が作り出した結果です。
小さくする事は不可能なのかもしれないけれど、これ以上大きくならないようにする努力を出来るのも、私達以外居ないのだと思います。
そうなると、自分に何が出来るかな…と考えてしまいます…。
1つは、こんなサイトをやってるんだから、これから事実を伝えていくことかな…って思います。

話は変わり、先日、今創っているサイトのお客様に打ち合わせに行ったら、畑で取れたなすびをくださいました。2回目に「おいしかったです!」といったら、帰りにまたまた「なすび」を頂きました。
そして、先日ヒーリングを知り合いの知り合いにやったらお礼にって畑でとれた「お米」をもらいました。
すごい〜!物々交換みたい〜。なんかほのぼのしてハッピーでした。
あ、けして、
私、食い意地が張っているわけでは…。

from maru

http://esagajp