esagaの特集をアップしました。
今回は、ペットシリーズ第2段で、アニマルコミュニケーターの卵、団野さんの取材です。
佐賀でアニマルコミュニケーターさんがいらっしゃるとは…先を越された!(笑)いえ…実は、私もアニマルコミュニケーションがやりたくて本も持っているし、勉強も少しやったんです。
今回の団野さんとは、なんとその先生が同じ方だった!という事がわかり、驚きました。

アニマルコミュニケーターさんは、いわばペットと飼い主さんの通訳のようなもの。ペットがどう思っているのか?知りたいことたくさんありますよね。感覚でたぶんこうかな〜とわかっても、言葉として帰ってくると嬉しいものがありますよね。

今回は、団野さんのアニマルコミュニケーターとしてのお話と、体験レポを掲載しています。
ただいまモニター募集中!とのこと。ぜひ、うちのペットの気持ちが知りたいわ!という方も応募してみてくださいね!

これを機会にまた、私もアニマルコミュニケーションを勉強しなおそうと思いました。
石の気持ちがわかるなら、ペットはもっとわかりやすいですよ!といわれたんですが、そうかも…と思いました。

じゃ、人間同士がもっと簡単なはずなのにね。
同じ言葉を伝える事が出来るのに…お互い伝え合えない人が多いのは悲しいね。。

from maru

http://esaga.jp