いろいろな事が嵐のようにこの1週間で起きた。。
あぁ〜全部は書けないけれど、一度に流れがどど〜んと動きだしていて、それについて行くのが大変ですが…。

まずは、じゅんちゃんが、またもやゲロゲリしてしまいまして、ついに病院へ。

ストレス性なのでほっておいて大丈夫とトレーナーさんには言われていたのですが、やはり…ストレス性とはいえ、1週間続いた挙句にまたもやゲボしちゃったので…知り合いからも一度連れていった方がいいのでは?と助言いただき、早速とりあえず近くの病院へ。

そこで、ストレス性としても1週間も下痢が続くなら慢性になってしまうので対処しなきゃだめと言われ、じゅんじゅん注射をしてもらい、お薬ももらいました。

それが金曜日でしたが、それから下痢がその日、何度も続くので、夜は事務所に泊まることに。
だって、クレートの中でお腹が痛くなって出して!って吠えても誰も居なかったら出してあげられませんからね…。

いずれはじゅんだけで夜事務所に居るようになるとしても…やっぱり体調悪い時はそばに人が居ると安心でしょう…と思い、徐々に一人の時間をつくってあげようと、それから事務所泊の日が続きました。

初日、2日目は、やはり、少しでも人が居なくなると、大暴れしたようでクレート大移動しておりました。

お薬もらって3日目。やっとウンチもかたまりました!
が、翌日、お薬がないので、普通のご飯に戻すとまた少しゆるいウンチに。。だから、またおやつはストップ。
今日の朝は、昨日より良いウンチが。。
まだコロンコロンではありません。

でも、お薬あげる間、ささみも混ぜてごはんをあげるようになりました。そしたら、あれだけ嫌がってたクレートも、餌の準備してるともう、すたすたとクレートに入ってご飯を待つように!

一緒に着いてあげているからか、夜中暴れることもないので、お水もそこまで飲まなく、落ち着きも出て来ました。
昨日も夜は、ぐっすり一人で寝てたようだし、朝も誰も居なくなってもおとなしくお留守番してたようです。

何事も忍耐、継続だなあ…と、思う私です。
あと、愛と感謝も。だって、じゅんちゃんは、問題行動犬じゃない、かわいい素直なワンコだもんね!と強く今回のゲボゲリ事件で思ったのでした。。

面白いブログを友人のブログからのリンクで見つけました。
人間のうちからあふれ出る愛や感謝に勝るものはないのですね。
つまり、現実は我々が作り出しているということです。

水と放射能汚染と波動性

そんなここ1週間で、全く音楽も聴く気持にもなれず、でしたが、今日久しぶりに、エレカシサイトを見たらツアーライブ映像がアップされていました。ツアーが始まったんだ〜。
久々に動くエレカシ。元気出ました。(^−^)

じゅんについてたので、TVで見損ねちゃったけど…この曲歌ったらしいですね、TV



いろんな事があるけど、人間には、最後の最後には、
自分の足で立ちあがる力を持っている。
そこから多くを学び、気づき、
新しい世界を、自ら作りだして行ける力がある。


今回の地震やじゅんちゃんの事、いろいろ含め考える事がたくさんあって…これから自分がやって行くことなど真剣に考えました。
これから、徐々に形にしてゆきたいと思います。

from maru

http://esaga.jp